←戻る

土木技術者必見・Excelで出来形管理

ンの負荷を与えることがほとんどありません。

ソフトの特徴

本ソフトの特徴として、印刷帳票に直接データーを入力することにより、直感的にイメージを把握できること。また、データー入力を最小限にするために、エクセルの計算機能を取り入れております。
エクセルの持つ計算機能を使うことにより、出来形結果表同士で計算のやり取りやコピー貼り付けができ、無駄な二重入力を省略できます。また、関数機能を使うことにより、数値に乱数を発生させたり、平均値を計算することができます。
本ソフトには、あらかじめ、舗装計画高から必要とされる各工種の設計値及び実測値の自動計算機能が備えてあります。
写真管理2003に出来形データーを入力済みの場合、出来形管理2003にデーターを移動させ抽出することができます。また、写真管理2003で作成した略図も出来形管理2003にコピーできます。

印刷される帳票

1結果表につき測定箇所最大4箇所入力可能です。
出来形結果表
出来形管理図
結果表のデーター入力値に基づき自動的に判断し、帳票へのデー
ター入力数をを確定します。
アルバム添付図
工事アルバムに添付する略図付の測定結果表です。

メインメニュー

出来形結果表

出来形管理図

アルバム添付図

エクセルをベースにすることにより、誰でもすぐに使いこなせ、また、エクセル

のもつ機能を使用することにより、ソフト自体の容量が軽く、お使いのパソコ

今すぐダウンロード